仙台での育児・子育て 行ってみた

0歳の赤ちゃんにも優しい!温泉もある宮城のリゾート松島センチュリーホテル

旅行大好き夫婦が久しぶりに0歳9ヶ月の赤ちゃんと一緒にプチ旅行で、松島に宿泊しました。
お風呂が大好きな赤ちゃんなので、0歳のうちに一度は本格的な温泉に触れてみてほしいと思ったのがきっかけです(まず覚えていないと思うけど)

このページでわかる事
0歳の赤ちゃんと旅行はできるか
おすすめなホテル・旅館の条件
旅行先での赤ちゃんの食事事情
赤ちゃんとホテルでの過ごし方
赤ちゃんへの配慮が素晴らしいセンチュリーホテル
アメニティ・サービスについて
赤ちゃんと宿泊するのにあると便利なもの

こんな感じの内容を書いていきたいとおもいます(`・ω・´)ゞ
松島は仙台からも車で1時間かからないし、温泉だし、海も一望できるし、小さい子供が居ても安心して泊まれるし、初めての家族旅行にもピッタリです。

0歳の赤ちゃんと温泉宿に泊まるための条件

子供が生まれる前は2〜3ヶ月に1度旅行にいっていました。大人だけなので、安い宿でもビジネスホテルでもどこでも大丈夫だけど、赤ちゃんが一緒となるといろいろ考えばければいけません。

条件として
・赤ちゃんグッズが揃っている事
・貸切風呂または客室露天風呂がある事
・仙台から車で1時間以内の場所
・チェックアウト後、少し観光ができる事
・温泉がでる旅館、ホテル
という感じでチョイスしました。

赤ちゃん連れという事で特に重視したのが、赤ちゃんグッズ(サービス)が揃っている、貸切風呂or客室露天風呂がある事。

ちょうど地元割で一人5,000円安くなる時期で、思い切って客室露天風呂で検索しました。

候補や秋保温泉か松島。ほんとは秋保温泉に宿泊する予定だったんだけど、大きな地震が起きてしまいホテルに被害があったため急遽松島にしました。

結果、この上記条件に当てはまったのが松島センチュリーホテル!初めて宮城県内のリゾートホテルに泊まったけど、すっっごく良かった!
という事で、レポートスタートです\(^o^)/

仙台から車で1時間以内に行けるリゾート松島センチュリーホテル

仙台から車で45分。赤ちゃんにも大きな負担もなく行く事ができる松島です。
秋保温泉は仙台から30~40分くらいかかるし、実は大きく移動時間に差はないんですな。

こちらが今回泊まる松島センチュリーホテル

客室からの景色はこちら。

日本三景松島が一望できるtheリゾートホテル!いやぁでかい。
駐車場は、近いところだと高さ制限があるので、運転する人以外は玄関で降りてチェックイン。荷物はスタッフの方がフロントまで運んでくれます。

旦那は駐車場に車を起きにいって不在なので、赤ちゃんを抱っこしながらチェックイン。なにも持ってこなかったけど、ヒップシートあれば楽だったかもしれない・・・(-_-;)

一通り受付を済ませると、そのまま客室にGO〜。コロナ禍は感染対策のため、スタッフの方は同席しません。

荷物が多かったので、カートはそのままお借りして客室に向かいます。

大人2人ならリュック1つで済んだけど、離乳食+ミルクな0歳の赤ちゃん連れだと荷物もたくさんになります。
(きっと子連れ旅行なれてる人ならこれを減らす手段をご存知なはず・・・!)

松島が一望できる客室露天風呂!風月

最初予約したときには「月あかり」という同じく客室露天風呂のあるお部屋でしたが、部屋内に段差があるという事で「半露天風呂」の風月に変更しました。

わたし
ということで入室~~!!!

入り口!足や腰が悪い方でも靴が履きやすいベンチのようなものもありました。結構広め。

クロークも広めで、消臭スプレーも完備。

 

トイレも引き戸で広々~。

わたし
さぁ~それでは中も行ってみよう~!

お部屋はダブルベッドのある洋室+和室があるタイプ。ちょうどよい広さです。

こちらが和室ゾーン。窓がとっても大きくて松島の海が一望できちゃいます。

この日はあいにくの雨だったので、わぁ~!って感じが伝わりにくいかも・・

テレビは壁掛けで、暴れ倒す0才児の赤ちゃんがいても備え付けのものをなぎ倒す&ぶん投げるなどの心配は少なそうです。

赤子
うおおおおおお

赤子
これはなんだ・・!!!

うちの子供は絶賛ハイハイ中でつかまり立ちが楽しい時期。部屋に入った途端、めちゃくちゃハイテンションのご様子。

とにかくハイハイしまくる赤氏。

寝相も悪くて、ベッドで寝るのは不可能なので和室に布団を敷いてもらう事にしました。ベッドはツインだけど、移動できるようなのでくっつける事もできそう。

洋室と和室の間には襖もなく行き来自由、なんなら入り口まで行こうと思えば行けてしまうのでハイハイ期は注意が必要そうです。

うちの場合は、ベッドを移動して洋室に行けないようにしました。


コンセントもほどよい場所に設置され、ベッド付近にはUSBコンセントも完備!

各種アメニティ

アメニティは程よく問題なく全部揃っている感じ。

バスタオルも人数+αが用意されていて超ありがたかった。

個人的には、歯ブラシが色違いになっていて間違いを回避できそう。

普通に市販されている歯磨き粉になっていたのがかなり好印象でした。


DHCの化粧落としやら化粧水の1回セットもあったので、これじゃなきゃだめだ。というものがない場合は、そのへんの準備も不要。

それ以外にも備え付けの化粧水や乳液、男性向けのケアグッズも一通り揃っています。

ドライヤーはPanasonicで風量もまったく問題なし。

空気清浄機は加湿機能があるタイプなので、乾燥対策もばっちり。

ミネラルウォーターは500mlが2本。ケトルがあるので、これでミルクが作れる。(完ミです)

無料でレンタルできる赤ちゃんグッズ

松島センチュリーホテルではこんな感じで各種無料でレンタルしてくれます。
今まで大人だけで旅行してたからこれがどんだけありがたいかなんてホント気づかなかった(汗)

お部屋内にお風呂があるので、ベビーバス・ベビーソープ・シャンプー、おむつ用ゴミ箱をお借りしました。


お土産売り場では、子供用のおもちゃも貸し出ししてくれます。

リモコンとかスマホが好きなので、借りてみた。

他にも子供用のアメニティプレゼントだったり、赤ちゃん用の布団(有料)があったりと子連れに優しい配慮がされていました。

まだバリバリのおむつなので大浴場には一緒に入れなかったけど、女湯男湯ともにベビーバス、ベビーソープ・シャンプー、子供用の椅子やお着替え用のベッドなども完備しています。

これなら安心して赤ちゃんと一緒に宿泊できそうです。

【夕食】赤ちゃんと一緒にビュッフェ!

5時30分〜15分刻みで予約ができる夕食。
赤ちゃんの離乳食の時間に合わせて、比較的お客さんが少ない5時30分から夕食にしてみました。
夕食会場の手前には卓球場やちょっとしたプレイルームもあって、子供を遊ばせることもできそうです。

↑初めての滑り台

夕食会場には、ベビーラックとベビーチェア(テーブルチェア)が完備しているので安心。

腰も座っている時期なので、テーブルチェアをセットしてもらいました。

残念な事に、夕食の写真の設定をミスってしまい敵が戦いを挑んできたみたな写真ばかりになってしまっています・・・(゚Д゚)
予めご了承下さいm(__)m

ベビーチェアだと抜け出したりずれる事があるので、こういうときはテーブルチェアは強いかも。下に通常の椅子も設置された状態なので万が一にも備えられそう。

あと0才児は料金に含まれていなくてもしっかりテーブルセッテイングしてくれているのが嬉しい。(すいませんめちゃくちゃ写真ぶれました)

離乳食も持ち込み可能で、持参したものを温めてくれます。きちんと御盆においてくださって・・(;_;)

今回のプランはアニバーサリープランというもので、選べる会席+オープンキッチン料理+デザートプレートになっています。

オープンキッチン料理ってなんだべ?と思ったら、牛タン・豚ステーキ・天ぷらがオーダー式の食べ放題になっていて、さらにサラダや軽食、デザートまでビュッフェになった豪華スタイル。

コロナ禍なのでビュッフェってどうかな〜って思ったんだけど、思いの外お客さんこみこみじゃないし、トングの消毒や手袋などコロナ対策を徹底して安心できました。

選べるメイン料理も仙台牛とか伊勢海老だったりすごい豪華だし、会席もかなりのクオリティでとっても美味しかった。
観光地だし大したことないだろうと思っていた私を殴りたい。
せっかくのいいメニューが全部ぶれぶれー(;_;)

オーダーできる食べ放題な牛タンも、普通に飲食店で食べるような美味しい牛タンでした。厚みもしっかり!

食後は、デザートにいちごがあったので少し食べてみた。ビュッフェスタイルだと離乳食もだいぶ進んだ赤ちゃんなら食べられるものもあったりします。

ちょうど離乳食も3回食になり果物も食べられるものが増えてきて、外出先で同じものを一緒に食べられるっていうのは嬉しいね(*´ω`*)

食事は会席っていっても、すごい種類がたくさんでるわけじゃないから程よい品数でちょうどいいタイミングでてきて助かります。

スタッフの方も赤ちゃんを見てあやしてくれたり気遣ってくれたりととても親切でした(*´ω`*)

会席の合間でビュッフェやオープンキッチン料理を頼んだりと、いろいろ楽しかったです。久しぶりすぎて食べすぎました笑

調子に乗ってデザートたんまり食べてしまったよ・・・(*´ω`*)

最後はアニバーサリープランだったので、デザートプレート。


かわいい・・(*´ェ`*)

春らしいピンクがナイスです。ちょっとした雑貨のプレゼントもありました。

離乳食後は、持ってきた液体ミルクも飲んでもらいました。こちらの温めが以外に面倒だったのでお部屋戻って普通に粉ミルクの方よかったかも

子供も楽しく過ごせたようで、大人の食事も含めて合計1時間30分わりと大人しく過ごせて一安心。(途中飽きたようだけど)

食後はお部屋で温泉

客室露天風呂の醍醐味はいつでも24時間好きな時間に温泉に入れるという事。
しかもここは松島。松島の美しい景観を眺めながらゆっくりお風呂に入ることができます。

そして、歴史はまだ浅いけど立派な温泉なんです。松島も。
とろっとした泉質で海に近いけどしょっぱくなくて、肌にも良さげな感じがします。
宮城の温泉の中でも、松島の温泉の泉質は私の中で上位に来るほど好き。
入りやすい泉質なので、子連れにもぴったり。

↑こちらは温泉分析書

お風呂大好きなうちの子もさぞや満足するに違いないと思ったけど、初めての違うお風呂でビビってちょっと泣いてました(まだわからないよね)

ベビーバスもあったので、とっても助かりました。

松島センチュリーホテルには「露天風呂」と「半露天風呂」の露天風呂付客室になっています。

今回のお部屋「風月」は、半露天風呂タイプ。

冬場や天候が悪い日は半露天風呂がおすすめ。

しっかり温泉を感じることができました。

バスタブは大人1人と子供1人でちょっと狭いかな~くらいの広さ。

シャワーの水圧も問題なし!でした。

あまり人が通らないところとは言え、窓全開だと見えるんじゃないかと心配なので入浴中はカーテンをしました。

初めてのお宿で寝る

ちょうどハイハイが盛んな時期(9ヶ月)いつもと違うお部屋に興奮したのか、お風呂語大ハッスル。

↑就寝前に荒ぶる赤ちゃん

めがね
全然寝てくれないから泊まりは早すぎたかと焦ったよ

しばらく洋室と和室を行ったり来たり、こりゃ寝ないだろってなって強制寝かしつけ(抱っこ)その後は、睡魔と戦いながらなんとか寝てくれました。
寝かしつけは時間かかったなぁ。

そりゃ、知らん場所来てすぐ寝られないよね。

寝かしつけ後は、交代で大浴場に入りにいったり、旦那はホテル内のレストラン(居酒屋)で一人しっぽりと日本酒を飲みにいってました。

↑とりあえず1杯飲んで帰ってきたらしい。

素泊まりプランもあるので、ここでご飯を食べるという手もありかも。

その間私はすごく眠かったので子供と一緒に早めの就寝

↑就寝前に哺乳瓶を洗った図

シャカシャカするだけで洗えるスポンジ便利でした。

夜中起きて徘徊しそうになったけど、旦那と連携プレーでなんとか落ち着いてまた夢の世界に帰っていきました。

うちの子はあまり夜泣きをするタイプではなく、8ヶ月ごろから夜はずっと寝てくれるようになったので、他のお客さんにも迷惑をかけることもなくて良かった。

しかし、ひさしぶりの宿泊でいつもと違う枕だったのもあって私があまり良く寝られなかったのは内緒です\(^o^)/

程よいメニューが充実朝ビュッフェ

旦那は起きてすぐ早速、お部屋の露天風呂で朝風呂。
私と子供は布団でのんびりすごしていました。

旦那の準備が終わり、昨日と同じ食事会場へ向かいます。
繁忙期じゃない時期に来たこともあってか、ビュッフェスタイルだったけどとくに混雑する様子もなく平和なビュッフェでした。

席は自由で、他の人に迷惑にならなそうな場所に着席。テーブルも広めな場所をチョイスしました。

↑大人しくしてもらうため動画を見ているベビー氏

夜と一緒で離乳食を温めつつ、お部屋のケトルで作ったミルクも持参。

ちょっと熱めに作って、離乳食が終わるタイミングぐらいであげる事にしました。(といっても、作ってからあまり間隔があかないように調整)

朝ごはんは、北海道のような超豪華ビュッフェっていうわけじゃなけどひとつひとつ丁寧につくられていて優しく美味しい~っていいう感じ。胃に暴力的じゃないし、変にたくさん食べなきゃってならないし、宮城・仙台の食材がさり気なく使われています。

ずんだの豆乳セーキおいしかったなぁ・・・

 

そしてデザートも豊富だった。

朝はそんなに食べない派なのでこんな感じの盛りです。

鮭食べるの忘れた・・

この月齢で食べられるようなおかゆやパン、豆腐などもあったので子に食べてもらいました。(ほぼ白)

やたら豆腐が気に入ったらしい。

オムレツはその場で作ってくれるできたてがたのしめました。

こんな感じで初めての宿泊は終了~。

今回のプランはチェックアウトが11時だったので、午前寝をしてご機嫌MAXのときに帰ることができてそれも良かった。

まだ時間があったので、かるーく松島観光をして帰ったよ。

久しぶりの旅行だったので、準備とかどうだったかわかんなくなってた。

やっぱり子供の荷物はめちゃくちゃ多かった・・・(^_^;)

赤ちゃんの持ち物と離乳食

自分の荷物は最悪買うとか、1日くらいはなんとかなるからいいけど赤ちゃん連れての宿泊は初めてだったのでとにかく抜かりないようにと大荷物を持参で望んだ、1泊2日の宿泊。

持ち物

着替え(日数分+3枚)※スタイは多め
ガーゼ(4枚)
いろいろ入れるジップロック
おむつ(12枚+α)・おしりふき
おもちゃ(3つくらい)
体温計
ひざ掛け
ベビーカー(車に積みっぱなし)
ベビーソープ

食事関係

お食事セット(80g×2)4つ
デザート用 2つ
おやつ(小分けにした4袋)
使い捨て食事エプロン(コストコで購入)
手口拭き
哺乳瓶 2つ
哺乳瓶洗うセット
ミネラルウォーター
液体ミルク4缶
粉ミルク(念のため)

荷物が多すぎて、キャリケースと大きめのトートバッグ2つになった・・・(^_^;)

こんなに必要なかったかも・・。

1つもってけばよかったな~と思ったのが、ヒップシート。

受付してるときとか移動とか、普通に抱っこきつかった。かといって抱っこ紐だと着脱が面倒だし、ヒップシートがあれば大活躍してたかもしれない。

念のため、テーブルチェアも車に積んでたけどホテルで用意してたから確認しとけばよかった。

松島温泉 松島センチュリーホテル

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ねずみさん

仙台のWEBディレクター♀です。ねずみとりすが好きな、ウゴウゴルーガ世代です(*´ェ`*) V系好きなメガネ(旦那)と温泉やら、B級スポットやらライブに出かけるのが趣味です。

-仙台での育児・子育て, 行ってみた

© 2022 ねずみの日常