type1

仙台での育児・子育て 行ってみた

【子連れが楽しい】アクティブリゾーツ宮城蔵王はリーズナブルに泊まれるリゾートホテル?

* 本サイトではアフィリエイト広告を使用しています。

1歳の子供と一緒に遠刈田温泉にあるリゾートホテル「アクティブリゾーツ宮城蔵王(旧:宮城蔵王ロイヤルホテル)」に宿泊してきました。

2人の時は何も気にせず泊まりに行けたけど、子供が生まれてから「どこか泊まりに行こう!」となると色々配慮が必要になってきます。

わたし
小さい子供がいても安心して楽しめて、ついでに温泉に入れるホテルないかな?

という事でこんな感じ条件でアクティブリゾーツ宮城蔵王に泊まりました。

宿泊のポイント
ファミリー向けのホテル(多少うるさくなっても大丈夫)
和室またはベッドガードがある(寝相が悪いので)
優しい泉質の温泉がある(大浴場+露天)
部屋にバスルームがある(子供が入る用)
子供が遊べるスペースがある
食事はバイキング・ビュッフェ方式(長い時間食事ができないため)
まわりで観光ができる
リーズナブルである
仙台市内から来るまで1時間以内

何と言っても、価格!
仙台駅周辺からも近い「秋保温泉」もあるけど、施設の規模と価格を比較してもかなり安い!

蔵王だから、近くに酪農センターもあって広々と遊ぶこともできるし、温泉の泉質も優しくて非常にすきな温泉地でもあったり。

あとファミリー向けだから、多少うるさくなっても大丈夫ってのも安心感がとってもある(もちろん他のお客さんに迷惑かからないようにします)

アクティブリゾーツ宮城蔵王に大人2人+幼児(1歳1ヶ月)で宿泊してきたレポートです(´-`)

仙台からアクティブリゾーツ宮城蔵王まで車でのアクセス

仙台駅周辺からアクティブリゾーツ宮城蔵王まで、車で1時間くらいで到着します。
高速利用で50分ほどだけど、下道でも1時間前後。

途中、遠刈田温泉の中心部をうろうろしたり、チェックインまで時間があるなら「蔵王ハートランド」でチーズドリンク(現:モルク)を飲んで動物を愛でてからでも楽しいポイント。

秋保温泉だと秋保ビレッジあたりの広場で遊べるけど、蔵王なら行く途中にダムや湖畔公園があったり休憩がてら遊べるスポットが多数あります。

アクティブリゾーツ宮城蔵王に大きい売店はあるけど、「なんか買っておきたい」場合は遠刈田温泉中心部のコンビニやパン屋さんがおすすめ。

さすがリゾートホテル。総客室300以上の大きいホテルです。

駐車場もホテルの目の前なので、移動も楽ちん。

チェックインとセルフのアメニティ

チェックインは15時で、到着したのが15:30。チェックインがちょうど被る時間で、お客さんで賑わっていました。

↑写真は朝のもの

こんな感じで受付はいくつか設けられているので、チェックインはスムーズ。

さり気なく、客室のグレードアップの案内があるなんてにくいねぇ~。この「残り●部屋」つーのもにくい演出。一度でいいからスイートに泊まってみたい(´∀`)

必要なアメニティは環境配慮のセルフ方式。

歯ブラシやお茶等もセルフになっていました。

必要なアメニティをゲットして、すぐ近くのエレベーターでお部屋に向かいます。

お部屋がたくさんあるだけあり、建物は12Fまでありました。エレベーターは3基だったけど、時間帯によっては混み合ってます。

和室に宿泊しました

アクティブリゾーツ宮城蔵王には、洋室・和洋室・和室と様々な客室があります。

ワンちゃんと一緒に宿泊できる「愛犬同伴宿泊ルーム」なんてのもあるらしい。
ここらへん自然豊かだし、散歩するには最高だろうなぁ。

で、今回は転げ落ちる心配のない「和室」にしました。子供が小さいうちは、和室一択かな。ローベッドなら大丈夫なところもあるけど。。

こちらが和室です。早速くつろぐ子。

10畳あって広々!

バスルームは、ユニットバスでお風呂とトイレが一緒になっているよくあるタイプ。

シャンプー、リンス、ボディーソープ、ハンド兼フェイスソープもありました。

窓際のゆったりできる「広縁」。椅子はちょっと年季が入っていました。冷蔵庫も完備

テレビにケトル、金庫、電話など問題なく揃っています。

布団は、自分でセッティングするシステムでした。子供にはいい勉強になるかも。(まだ小さいけど)

ホテルの案内を一通り目を通す子。

全体的には年季が入ってるなという印象。でも安いし、広いし、なので良しという感じです。

子供が楽しめる館内施設

1Fに売店や大浴場など館内施設が充実しているので、一息ついたら館内探検開始です。

大浴場とレストランは、1F奥にありました。

「味のれん」というレストランで18時~22時まで営業しています。

お酒のおつまみにぴったりなメニューを中心に定食やラーメン、ご飯物もあるので、素泊まりでもここで食べることができそうです。

結構広めなリラックスルーム。マッサージチェアが複数台設置していました。

夏の期間だけ、屋内プールも営業しているそうな。

おむつを履いている乳幼児・幼児さんでも、水遊び用のおむつがあれば利用できるそうです。プールサイドには小さいお子さん向けのプールもあって、プールデビューにもよさそう(゜-゜)

風呂上がりに良さげなティーラウンジ。

ケーキセットもあったりなんかして、ゆっくり過ごせそう・・(*´ェ`*)

こちらでもカレーやパスタなどのご飯を食べることができます。11:30~16:30だから、日帰りのお客さん向けなのかな??

その隣には広々キッズスペース!思いっきり走り回れます(うるさくならない程度に)

ちょうどお客さんがいなくて、貸切状態。子もこのガッツポーズです(たまたま)

そして、大きいホテルに来たらこれ!ゲームコーナー!

ここは種類が多い(゚∀゚)!!

ホテルのゲームコーナーってなんか興奮するよね。温泉定番の卓球コーナーも併設していて、学生だったら一通り遊んでたな。

自販機コーナー。価格は良心的でした。

こちらはロビー横の大きな売店コーナー。お土産品はもちろんのこと、お菓子やお酒・飲み物もばっちり購入できます。

個人的には、ナチュリノのアイスが買えるのがいい感じだと思った。

あ、そういえば七夕近くだったので七夕の吹き流しがロビーに飾ってあったよ。なかなかの大きさでした\(^o^)/

チェックインしてから夕食の時間まで、温泉入ったり、館内うろうろして時間を潰せそうです。

天気が良ければ、外散歩するのもいいかも。(なにもないけど)

ディナーバイキングで宮城名物も楽しもう

さあ、夕食の時間です。

迷惑がかからないよう、お客さんが集中しない早い時間からディナーにしました。

お食事処手前には、子供が楽しめそうなグッズがたくさん。

浴衣の袖止めも用意されていました。

あまりガヤガヤしない、奥の窓際の席に通してもらいました。

家族連れのお客さんが多くて安心。

リッチェルのごきげんお食事クッションを借りるもごきげんではない子。ベルト付きで、落ちる心配はありません。

↑こういうやつ。

なんとかなだめながら、一人はバイキングの料理を持ってくるという体制でディナーバイキングに挑みます。

ご飯が到着する間に、持参した

↑こういうベビーフードを食べてもらう機嫌を直してもらいました。
和光堂のこのセットだと、スプーン付きでささっと食べられます。今回は、会場のお子様用のスプーンを使ったけど。

温めは、持参した魔法瓶のお湯を掛けて適温にしました。忙しそうだったからそんな感じにしちゃったけど、頼めば温めしてくれたのかな?

ある程度落ち着いてようやく私もごはんタイム。仙台新名物「マーボー焼きそば」がありました\(^o^)/

子のお世話を交代してもらい、バイキングの品揃えを見に行きました。わくわく

汚れるし、食べるの時間かかるから諦めたけど、カニも鎮座。

エスカベッシュやマリネなんつーおしゃれな料理も

デザートコーナー。種類豊富

りんごやフルーツもあり、これなら食べられるので子に持っていきました。(しっかり食べてた)

ずんだ餅のパフェ~~

豆挽くタイプのコーヒー。

さすが、ファミリー向けのホテルだけあって「子供のためのバイキングコーナー」もあり、子どもたちから大人気でした。
うちの子は離乳食後期から幼児食に移行する段階だったので、まだ食べられるものはなく。

お刺身コーナーの隣にはマグロ・サーモンなどのお寿司も

その場で焼いてくれるステーキもありました。

いつもなら腹はち切れるくらい食べちゃうけど、子供がグズらないよう急いで食べたので腹八分目くらいで終了しました。

浴衣に着替えて就寝

時刻は19時前。

売店で買ったナチュリノの生シェイクを食べる私。うまうま。

そして、部屋に戻り満腹状態でいつもと違う部屋に興奮気味の作務衣の子。

布団が楽しいのか、何回も受け身を取る(?)
しばらく布団を転がり続けて20時過ぎに子供は就寝しました。

嬉しいサービスもある大浴場&露天風呂を堪能

就寝後、交代で大浴場に入りに行きました。

泉質は「ナトリウム­-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉 低張性中性高温泉」の入りにくくない温泉です。

大浴場にはシャンプーバイキングが設置され(女性のみ?)、わざわざシャンプー持っていく必要がありません。
地味にこのサービスが嬉しい

写真:楽天トラベルより引用

食後のお風呂は混み合っていたけど、シャワーの数が多いのでシャワー待機は発生しませんでした。さすが箱がでかいだけある。

内風呂は結構お客さんいたけど、露天風呂では熱めの湯もあってそのゾーンは人少なめ。

久しぶりにゆっくり広々浸かることができました\(^o^)/

和食派も洋食派も!どちらも楽しめる朝食バイキング

朝はちょっとごきげん斜めな我が子。先に子どもにご飯を食べてもらいつつ、交代で朝ごはんを取りに行きました。

朝からラーメン・・!

マグロの山かけ丼・・!

おかゆもあったので、これなら一緒に子どもも食べられていいかも。

洒落たスムージーなんかもあったよ。

食パンやロールパンはBRING(遠刈田温泉のところにある美味しいパン屋さん)のものまであった。

にんじんパンやほうれん草パンなど、変わり種なパンも用意されていました。

ジュース類も充実。

宮城といえばずんだ餅。

「当ホテル伝統の味」なんて言われちゃうと食べてみたくなるよね。

んで、こちらが良くわからない私のチョイス。ライブキッチンがあったりなんかして、ついついオムレツ頼んじゃったよ。。。
炭水化物祭り。

みてよ、このパン。見たらこりゃ取っちゃうでしょこれは。

その場で握ってくれるおにぎりも美味しかった。

朝食バイキングは豪華なものがあるわけじゃないけど、メニューがラエティに富んでいてむしろ夜に食べたかったと思ってしまう子ども舌なわたし。(*´ェ`*)

子どもも食べられそうなメニューがちょいちょいあったから、朝は離乳食持ってこなくても良かったかも。
いろいろ食べる事ができて、子どもも機嫌が治ったようです。

チェックアウト前に精算を済ませるのがおすすめ。

とっても大きなホテルなので、チェックアウト時の混雑が予想されます。

なので、私がよくやってる方法なんだけどご飯食べたあとにフロントに寄って会計(精算)だけ済ませるとチェックアウト待ちに巻き込まれずにすみます。

チェックアウト時間までまだ時間があるので、フロントもこのように混雑なし。

精算済みの場合、チェックアウト時はルームキーをここに返却するのみなので全く待たずに帰る事ができました。

子連れでも十分楽しむことができるホテルでした。

ホテル自体の設備はちょっと年季が入っているなぁーって思うところもあるけど、値段を考えるとかなり安いし、子供向けのスペースやサービスが充実しているので不便な事はありませんでした。

子どもも自宅じゃない部屋に大はしゃぎしてすごく楽しそうでした。夕食・朝食ともにバイキングだったし、一緒に食べられるものもあって良かったです。
(他にも小さいお子さんがいる家族連れのお客さんもたくさんいて、なんだか心強かった笑)

もう少し子どもが大きくなったら一緒にお風呂入ったり、バイキングのメニュー選んだり、楽しい事が増えるんだろうなぁ~

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ねずみさん

仙台のWEBディレクター♀です。ねずみとりすが好きな、ウゴウゴルーガ世代です(*´ェ`*) V系好きなメガネ(旦那)と温泉やら、B級スポットやらライブに出かけるのが趣味です。

-仙台での育児・子育て, 行ってみた

© 2024 ねずみの日常