type1

仙台での育児・子育て 行ってみた

【初めての福島】1歳も楽しめる飯坂ホテルジュラクに宿泊してみた

* 本サイトではアフィリエイト広告を使用しています。

福島市の温泉街「飯坂温泉」にある飯坂ホテルジュラクに宿泊してきました。

子供が生まれてから、初めての県外への宿泊。1歳の子供もとても楽しめたみたいで終始はしゃいでいました。

飯坂温泉は仙台からもとてもアクセスしやすく、高速を利用すれば1時間ちょっとで行けちゃう場所です。

そして、福島県内には屋内で遊べる無料の施設が充実していて子供も退屈しません。

今回は、飯坂温泉の宿泊施設「ジュラク(聚楽)」のレポートと、途中道の駅にあった屋内で遊べる施設についてご紹介したいと思います。

宿泊のポイント
赤ちゃんや小さな子供連れでも安心
お部屋が広く危ないものが少ない
ベッドだけど、布団も用意してくれる
食事はバイキングで子供向けの食事も充実
施設が広いので、館内散歩もできる
露天風呂が素晴らしく、大人がゆっくり休める
仙台市内から車まで1時間ちょっとでつく

私個人的に行きたい宿として恋焦がれていた「飯坂ホテルジュラク」です。
このタイミングで子供と一緒に宿泊できて大満足でした!
あと帰りによった道の駅の「こども木育広場 つながるーむ」がめちゃくちゃ良かったんです!

写真たっぷりで長めのレポートのため、気になる目次から見ちゃってください。

仙台からもアクセスしやすい飯坂でも大きな温泉宿

飯坂温泉は福島市内にある規模が大きめの温泉街です。

仙台から高速道路を使えば1時間ちょっとで着いちゃう、宮城県民も行きやすい場所に位置しています。
飯坂温泉には駅もあり、車がなくても公共交通機関を使えばJR福島駅から福島交通飯坂線「飯坂温泉駅」で25分ほどで行けちゃいます。

これなら、宮城県内の温泉施設に行くよりも近い!ってこともありますな(*´ェ`*)

今回は、子連れで初の県外プチ旅行!という事で、移動時間をお昼寝タイムにあてるため下道を通って福島県へ向かいました。

スケジュールとしては・・

10時30分過ぎ仙台出発→11時頃名取付近で昼食→15時飯坂着!

という感じです。

名取方面だとファミリー向けのレストランやドライブスルーが充実してるので、お昼には困りません。

本日のお昼は「そばの神田」。
神田といえば駅前の立ち食いそばが有名ですが、ここ最近は郊外に座れるタイプのお店が増えてお子様メニューなんかもあるんです。
この日も子連れのお客さんが多かったです。

ご飯を食べたらすぐ寝てくれるかなぁ~とおもったら、なんだか興奮したみたいで14時くらいまで寝ませんでした汗
まぁ、ちょうどつくタイミングで起きてくれたから良かったけど。

ホテルジュラクに到着!ウエルカムドリンク!

下道を通りお昼休憩や福島県のお店も寄ったりしたので、10時30分に出てちょうど15時に到着しました。

高速だと1時間であっという間に着いちゃうけど、下道は時間はかかるものの(2時間くらい)途中寄れるお店もあったりしてのんびり行けるのもいいかもです。

こちらが飯坂ホテルジュラク。ロビーはこの上にあり、下にある駐車場に停めてこの坂を登るような感じになります。

荷物が多い人や、坂を登るのが難しい方は先に車で一気に上まで行って運転手だけ下の駐車場に止めるのがいいかもしれません。(一部上に停められるようです)

まずは受付。フロントに行く前に、住所等の記帳を行う紙をいただきます。

カウンターみたいなとこで書くのかな~?と思いきや、小洒落たラウンジ(コーヒーショップ)に通されました。

ウエルカムドリンク!マンゴージュースでした。(しっかり子供の分もありました◎)

寝起きの子、ものすごい勢いでジュースを飲む。

コーヒーショップでは、有料でクリームソーダやビールなどもいただけます。

こちらがロビー。

この日もたくさん予約が入っていたのですが、フロントが混み合う様子もなくスムーズに受付ができました。
15時ちょうどくらいだったからかな?

選べる浴衣。

さっそくロビーではしゃぐ子供。

ダッシュ!!!
※他のお客さんがいない事を確認し、安全に配慮しています。

すでにめっちゃ楽しそう。(寝起き10分)

キッズスペースはないものの、他のお客さんに迷惑にならないくらいの広さがあるのでまぁまぁ楽しめそうです。

まだまだロビーで遊びたい子供をとっ捕まえて一旦お部屋に向かいます。

一般客室(8畳+ツイン)に宿泊

いいなぁと思ったのが、エレベーターが混み合わない事。

総部屋数が121室。かなり大きな宿になるのですが、他のお客さんと乗り合ったり混み合うことがなくスムーズ。

館内図見づらくてすいません。。

フロントが8階という珍しい作りで、さらにエレベーターが1つの場所に設置しておらず、部屋からちょうどいい場所にエレベーターあるようになっています。

あと、広めの階段が使えるのもすごく良かったです。
ビジネスホテルに多いんだけど、エレベーター2基だけで階段も使えなくて混み合うって事がよくあるんだよね。

ここ飯坂ホテルジュラクだと、階段で上り下りもできるのでエレベーター待つのが面倒な時は階段を利用しました。(お部屋が6階だった)

長ーい廊下を歩き(ここも子供にとっていい運動になったらしい)

ドアを開けてすぐの景色。

入り口と脱衣所&お風呂!

ベッドルーム!

8畳!!

わたし
お~。広い!

さっそくくつろいでおります。

広縁からの眺めも良さげです。

親子でくつろいでおりますな(*´ェ`*)

雨だったので少し残念だったけど、眺めもすごい良かったです。

いやぁ~温泉来ましたねぇ~。ここは福島だよー

お掃除を担当した方のカードとお菓子。

お茶請けに「ぴりり椎茸」「ふくしま蜂蜜あわせ」。

子供は一服(お水)

さっそくアンケートをっと・・・

すでに宿の過ごし方をマスターしている1才児くん。

一般客室(8畳+ツイン)の間取り

間取りはおおよそこんな感じでした。(うろ覚えで比率はあっていません)

多分一番スタンダードなお部屋なんだけど、8畳あって十分な広さ。むしろスタンダードでこの広さはすごい。

子供が触りそうな危ないものは少し上に設置してあるので、本当に助かりました。

自分たちの持ってきた触られたくないものは、このテレビの裏に入れて対策もできました。

空気清浄機も加湿機能付のもので、乾燥対策もバッチリ。

そして、全ホテルにおいててほしい地味に部屋にあると嬉しい「延長コード!」

 

脱衣所の洗面台。

レトロな雰囲気のお風呂。まだ子供はおむつなので、夜はここでお風呂に入れます。(大人は交代で大浴場へ)

シャンプー・リンス・ボディーソープは「かもすの温泉豆乳」というシリーズでした。

トイレはウォシュレット。

コンパクトな冷蔵庫も完備。

クローゼットには、大浴場に行くときに便利なカゴもありました。

アメニティ。ビニールの袋もあって、濡れたタオルを入れたりするのに使いたいやつ。

アメニティには、ブラシ・足袋・コットン・綿棒が入っていました。歯ブラシは洗面台に用意されていて、色別になっていたので「どっちだっけ?」っていうのがなさそう。

子供用のアメニティには歯ブラシとフェイスタオル。パンダさんの袋で子供もウッキウキ\(^o^)/

SNSで話題になってた、クローゼットに吊り下げられる圧縮トラベルポーチを導入してみたら、めちゃくちゃ楽になった!

↑こういうやつ

荷物を圧縮して入れられるし、クローゼットに吊り下げれば必要な荷物もさっと取れる。


そいでもって、帰りはそのまま圧縮持って帰るだけ。いやぁ~これは早く導入したかったわ~。

寝る時は寝室にツインのベッドがあるのですが、子供が落ちるかもなーって予約の時ちょっとネックでした。

受付時、気を使ってくださりお布団を用意してもらえる事になったので、寝床問題は特にありませんでした。

子供はまだ小さいので、私と一緒に寝ます。
ちょっと布団が固くて、私には合わず寝づらかったので、ベッドの方が良かったかもしれない。

貸出の中におむつポットンがあって助かった。他ベビーカーやバウンサー、子供用便座にベビーバスなど至れり尽くせりです。

おもちゃも有料だけどいろいろありました。おままごとセットとか借りてもよかったかな。

館内施設

お部屋で少しくつろいだあとは、館内散策!

まずはフロントのある8階に移動し、お土産&ゲームコーナー

この奥に行くと、日帰り施設「花ももの湯」につながっていてホテル専用の大浴場以外にも利用する事ができます。

お土産屋さん(広い)

温泉卵が作れるブースが用意されていました。楽しそう。

ゲームコーナー。クレーンゲームが充実していて、ちょっと古めの太鼓の達人もあった。

ゲームコーナーとなりの連絡通路を通り・・・

階段を降ると日帰り温泉施設の大浴場です。

高級そうなマッサージチェアも。

「花ももの湯」施設全体の館内図。広いなぁ

花ももの湯の魅力は、3種の源泉で湯巡りが楽しめて露天風呂からの景色が最高にいいところ。

特におすすめは立ち見の湯。

温泉についてはまた別でご紹介したいと思います。

あとは、日帰りの方も利用可能な食堂もあります。

アニマルカレーとか絶対かわいいやつじゃん(*´ェ`*)

こちらは宿泊者専用の大浴場(露天風呂あり)。時間帯で男女入れ替え制で、この日は夜が女性専用になっていました。

飲み物各種の価格はこんな感じ(2023年4月現在)

子供も楽しめて美味しいバイキングディナー!

夕食はビュッフェスタイルで、時間は2部制。子供がいるので早めにご飯を食べるべく、17:30~スタートの方にしました。

レストランの前にはベビーラックも常備され、赤ちゃん連れでも安心です。

たしかにこの日、0歳かな??って感じのお子さんを見かけました。
ビビって1歳ちょい前くらいから泊まりに行ったけど、ハイハイ前くらいの赤ちゃん連れでも全然行けたかもなぁ(体調次第)

各テーブルに仕切りがあり、個室ではないものの隣を気にせず食事ができていい感じ。

幼児食バリバリ召し上がるうちの子には、キッズチェア。

椅子はベルトがないタイプだったので、持参したチェアベルトを装着しました。

肩ベルト付のタイプだと更に安心度が増します(途中外されるけど)

ファミリー向けならではのキッズゾーン。子供が自分で選びやすい位置にチョコファウンテンや、ハンバーグ、ポテト等がありました。

あと赤ちゃん向けに離乳食(ベビーフード)も用意しているんだって。

1歳になる前の旅行の時、離乳食結構かさばったからこういうサービスほんとありがたいよなぁ。ここなら0歳でもこれたな~。

まだ子供は小さいので、私めが代わり取ってまいりました。今日だけは栄養ガン無視(写真が汚くてすいません・・)

お気に召した様子で、しっかり食べてくれました。

福島産コシヒカリのご飯や各種おつけもの、お味噌汁など心のほっとステーションゾーン。

中華コーナー。エビチリが何気に美味しくて何度もリピってしまった。
バイキングだと外れがある中、普通に中華屋さんで食べるレベルなくらいおいしくて、エビもほどもいお大きさでブリブリでした。

ライブキッチンのステーキ。

良いお肉を使っているわけではないんだけど、ナイフがいらないくらいの柔らかさでソースもご飯がすごく進む味。

これまた美味しくて2回たべました。ほんとに柔らかなのよ。これ。

しゃぶしゃぶコーナーなんつーのもあって、楽しそう。鍋が1つだけで時間がかかりそうだったので、しゃぶしゃぶできず。

野菜はドレッシングが6種類もあり、美味しく野菜を食べることができます。

焼き立てピッツアも美味かったぁ・・・。

お刺身やその場で握ってくれるお寿司なんかもありました。

まーとにかく、和洋中なんでもござれでどれもとにかく美味しい。

ホテルのバイキングってあまり期待してなかったんだけど、流石聚楽。バイキング最高です。

ドリンクコーナーにはソフトクリーム(ディナータイムのみ)もあったり・・

アイスもたくさん。

わりと主食を食べすぎてしまい、アイス等にたどり着けなかった・・orz

子供もいっしょに食べられるフルーツもたくさん。

ケーキも種類豊富で美味しそうです。(お腹いっぱいじゃなきゃ食べたかった・・・)

あとですね・・

ちょうどお誕生日(当日)だったので、立派なケーキまでご用意してもらえました\(^o^)/
※ケーキはサービスなので、無料です。

大きいレストランだし、そんなにスタッフの方も見てないだろうなぁなんて思ってたけど、いいタイミングでお膳を下げてくれて助かりました。

その場で握りたてのおにぎりが美味しすぎる朝食ビュッフェ

続きまして、朝食です。

朝食もビュッフェスタイルでこちらは朝食時間帯内に行くだけという形。
とくに時間指定がなかったので、その日の気分で時間を決めます。

8時くらいにしようと思ったけど、子供が歩きたすぎて7:30になっちゃいました。

どんなパンか情報なかったけど、このパンたちが美味くて朝から食べ過ぎた。

朝ならではのコーンフレークやグラノーラ、あと福島といったら酪王カフェオレ!

わたし
あれ・・!こんなに美味しかったっけ!
めがね
何杯でもいけちゃいそう

糖分気にしなければ無限に飲みたかった。寝起きの脳がまだ起ききってない状態で飲む、甘いカフェオレはとっても美味しかったです。

ライブキッチンは目玉焼き

桃まんやらシュウマイやら、夜にもたべたかったやつ。

釜揚げしらすもあって、セルフしらす丼も作れちゃいますな。

その隣では、おにぎりを握ってくれるブースがあり大人気でした。

味は、うめ、きのこ、鮭の3種類。

なめこ汁とともにいただきます。

握り方の塩梅がよくて、ほわっと優しい柔らかさのおにぎり。食べた進めると、お米の甘みを感じます。

お土産でも売ってるらしいんだけど、このきのこがまた美味しいんだわ。

フルーツコーナーでは、「りんご密」っていうのが人気でした。

とまぁ、写真中心に紹介しましたが、夜・朝ともに丁度良く食べたいメニューが充実していて、高い素材つかってますっていうわけではなさそうだけど、うまく調理されていて全てが美味しかった。

和洋中・キッズメニューなどたくさんあったので、幼児でも食べれそうなものが結構いろいろあってご飯にはまったく困りませんでした。

バイキングだと自分のタイミングでご飯食べられるしぐずったら離脱しても大丈夫だし、イヤイヤ期真っ盛りなお子さんでも良いチョイスでした。

久しぶりにたくさんお肉やエビチリ食べてお腹いっぱいー!

精算は最初に済ませるのがおすすめ

チェックアウトのタイミングで精算するのが当たり前なのですが、私はご飯を食べた前後で先に精算をするようにしています。

聚楽でも先に精算するのをおすすめしていて、精算は7:30~できるそうです。

チェックアウト時間近辺ってすごく混雑しちゃうもんね。

ぜひ皆様も参考にしてみてください!

生憎の雨で飯坂温泉街の散歩はできませんでしたが、館内だけでも十分楽しめた飯坂ホテルジュラク。

ファミリー向けの大きなホテルはたくさんあって、ちょっと高めではあるけどスタッフのサービス・接客は自然で良かったし、バイキングは美味しかったし、赤ちゃん子供用品は揃ってたし、温泉も良かったし満足!

泊まるのはなぁ~って方はぜひ一度日帰りの花ももの湯に入ってみてください\(^o^)/

宿泊前後に立ち寄りたい屋内施設「こども木育広場 つながるーむ」

行きはお昼寝があったので行けなかったけど、帰りは買い物がてら「道の駅国見あつかしの郷」へ。

風が強い場所で以前ドアパンをしてしまった思い出(?)の場所

参考強風でドアパンチして隣の車のドアにぶつけてしまった!

今回は、ドアパンチ(隣の車にドアをぶつける)してしまった時の対処についてまとめました(実体験) いや、関係ないしって思っていても不意に事故は起きるものです( ;∀;) ぜひ私のようにならないよう、見て ...

続きを見る

端っこに停めて、ドアパンに注意しながら降りました。

わたし
あれ?なんか出来てる・・?

どうやら未就学児向けの屋内の遊び場らしい。無料で、福島県民以外でも利用できるとの事なので早速行きました。

木のぬくもり溢れるおもちゃが沢山あって子供も大喜び!
ちょうど2023年4月に木のおもちゃを多く遊べるようリニューアルされたらしい。

参考【こども木育広場つながる~む】道の駅国見内の木のぬくもりを感じる屋内施設

福島県の国見町にある「道の駅国見あつかしの郷」内に未就学児が無料で遊べる屋内施設「こども木育広場つながる~む」に行ってきました! 仙台から車で約1時間(高速利用)とアクセスもよく、道の駅でお土産や野菜 ...

続きを見る

10時過ぎに行ったのが良かったのか、まだ人はまばらで丁度いい間隔で遊ぶ事ができました。

どうも楽しすぎたらしく、なかなか帰ろうとしなかったので剥がしが大変でした(@_@;)

道の駅国見は、おしゃれなカフェやレストランがあってここで遊び&買い物&ランチまで済ますことができます。

仙台からも遠くないし、気軽に行けそうだなぁ。

しかし、仙台ってこういう無料の施設ってすくないよねぇ。。(頑張れ仙台)

てな感じで、1歳児と行く一泊二日福島旅行でした。
このルートなら0歳でも全然行けたなぁ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ねずみさん

仙台のWEBディレクター♀です。ねずみとりすが好きな、ウゴウゴルーガ世代です(*´ェ`*) V系好きなメガネ(旦那)と温泉やら、B級スポットやらライブに出かけるのが趣味です。

-仙台での育児・子育て, 行ってみた

© 2023 ねずみの日常